入院にかかるお金と保険

お片づけから暮らしと家計をプラスに導くお手伝い

 

旭川の整理収納アドバイザー いのしたけいこです。

 

整理収納アドバイザーであり、保険の募集人でもあります。

 

お客様から入院の連絡があったので、

 

今日は入院と医療保険について少し書きますね。

 

 

 

わたしは、今年の2月に、椎骨動脈解離で13日間入院しました。

 

>>入院したときの様子

 

幸い手術はなく、安静に過ごして回復することが出来ました。

 

 

この入院でかかった費用、どのくらいだと思いますか?

 

13日間の入院でかかった費用は約16万円。

 

 

内訳は、

 

病院への支払いが137,075円

 

入院時の下着や消耗品が9,804円

 

入院中のテレビ・冷蔵庫や雑誌など3,678円

 

 

入院中の家族の食費など10,852円

 

でした。

 

 

生命保険のお金をもらうためには、

 

保険会社所定の書類と、

 

病院からの領収証または医師の診断書を提出しなければいけないので、

 

たいてい退院後に振り込まれることになります。

 

(入院の内容や保険会社により異なります)

 

 

ですから、いったん現金で支払をしなければなりません。

 

(医療費が高額になった場合は、高額療養費や限度額適用認定証を利用できます)

 

私の場合は、生命保険から65,000円もらえましたので、

(日額5000円の医療保険に加入)

 

実際の支出としては10万円くらいでしょうか。

 

 

わたしは動脈が破裂していなかったので、

 

手術もなく短い入院ですみましたが、

 

長く入院している方や、手術、リハビリをしていた方は、

 

もっと費用がかかっているようでした。

 

いったん立て替えて、後から高額療養費として戻ってくる

 

パターンもあるようです。

 

なので、病気やけがの備えとして、

 

30万円くらいの貯蓄は必要だなと感じました。

 

 

 

参考になればと思います。

 

そしてやはり、入院の支出の管理も4コマノートが役立ちました!!

 

家計簿にしている4コマノート、この月は入院のページを追加してやりくりしました。

 

そして3月には引っ越しがあったので、

 

引越しのページを追加して管理。

 

2月から4月まで恐ろしく出費が重なりましたが、

 

全体の収支が把握できているのは、4コマノートだからだと思います!

 

 

 

4コマノートの家計管理もとてもおすすめです(^.^)

 

保険の相談や、

 

4コマノートを使った家計の管理も、

 

お気軽にお問い合わせくださいね。